小学校外国語活動って何?

小学校外国語活動って何?

2011年春から全国の小学校で実施される「外国語活動」は、現在の「国・数・理」と同等※に位置づけられ、外国語を「聞く」「話す」といった、音声を中心としたコミュニケーションで慣れ親しみ体験・学習することで、その言語や文化について理解すると同時に、コミュニケーション能力を向上させることを目的として文部科学省が打ち出した全国規模の活動です。
また、高校の英語の授業が2013年4月から全て英会話になります。「英語の授業は英会話で行うことを基本とする」と文部科学省が定めています。

先生2人体制 小学校5,6年生 英語ノートとは? ALTとは?

※「科目」とは異なるため、通常の5段階評価の対象にはなりません。

活動の目的

文化を知ろう! 楽しもう! リズムに慣れよう!

日本人の英語に関しての意識

急速に進む国際競争

近年、先進国の仲間入りをした日本は、「英語力の低さ」によって、国際化から大きく遅れを取っているのが現状です。小学校からの外国語教育導入について、現在経済成長の著しい中国やインドといった大国ではすでに実施されています。
現在、多くの企業が海外進出を視野に入れて動き始めています。今後日本は、異文化と共存し、国際化へのあらゆる可能性に目を向けていかなければなりません。 これからの日本には「英会話ができる」というツールは必須になってくるでしょう。

減だき教育からの視点
現代の子どもたちのコミュニケーション能力の低下

パソコンやインターネットの普及、電子技術の発達からみられる現代の問題「コミュニケーションの希薄化」は、現代人が「多言語を知らないことによる感情表現の乏しさ」が大きく関わっていると思われます。

英語に対する苦手意識

中学校から始まる科目の「英語」。英語に対して「慣れ」も「親しみ」も持っていないので、「英語が苦手科目だ」という子どもたちが大半なのが現状です。

だから!早い段階での「英語力」が必要なのです!

学習能力が一番高く、適応能力が柔軟な6-8歳が一番良い時期とされています。

茨城県の行っている取り組み

茨城県では、全国に先駆けて平成21年度から外国語活動を実施しています。音声を中心に、ジェスチャーなどを用いて活動していくことで、コミュニケーション能力の向上をはかっています。
茨城県では、2年間にわたって外国語活動を実践することで、その効果などをレポートし、全国の活動の開始に備えています。

小学校で行われる予定の活動

第5学年

初めて触れる「外国語」、まずは慣れることからスタート。
外国語の基本的な表現を学習し、日常生活において外国語が身近で親しみのあるものになるよう、交友関係を大切にしながら、体験的にコミュニケーションをとっていきます。

言葉の面白さや、豊かさに気付かせる 音声やリズムに慣れる

第6学年

外国語ってこんなに楽しい!より深い理解と交流を深めます。
第5学年で学習した内容を踏まえて、それを基本とし、日常生活に加えグローバル意識を持ち合わせられるようなコミュニケーションをとっていきます。

考えを伝える 積極的に聞いたり話したりする 他者とのコミュニケーションを図る

外国語活動への不安
  • すんなり対応できるの?
  • 指導方法がバラバラになりそうで不安
  • 授業数はほんとに足りてるの?

新しい試みのため、カリキュラムや指導内容が不安定な状態で施行されることが予想されます。また、学習方法や進行状況、カリキュラムの構成などは各学校によって様々なので、中学校進学後に個々の英語力にズレが生じることが予想されます。

バーナードでそんな不安を解消しましょう!

バーナードのここが強い!

ページトップに戻る